読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別府を首都に

別府に移住しました。

別府温泉保養ランド②

まず外観から。
廃校になった中学校みたいな雰囲気です。
f:id:yawarakawakadori:20160323200845j:image

入口の説明書。
f:id:yawarakawakadori:20160323201025j:image
こんなに色々お風呂あるんだなと驚きつつ

フロントでお金を払って
入浴券をもらいました。
ちなみにここでタオルとかも販売してます。

日帰り入浴は大人1100円、
宿泊は1泊2食付7500円、
療養滞在7泊以上は7000円だそうです。


7泊もしたら一生硫黄臭するんじゃないかな。



どうでもいいけど

コインロッカー(100円かえってこないタイプ)に貴重品をいれるとき、

間違って 
財布を手に持ったまま閉めてしまって。

なんて意味のない100円を使ってしまったのかと
自己嫌悪でした。

家の鍵預けただけ。


それから移動につぐ移動で
f:id:yawarakawakadori:20160323201201j:image
フロントからお風呂入口まで
なかなかの距離です。

f:id:yawarakawakadori:20160323235243j:image

てくてく歩いて、
やっと風呂あがりの人たちが憩う
休憩所的なところについて、

そこにいるおじさんに
(無愛想で有名なおじさん)
さっきの入浴券をわたし、


ヘアーキャップをもらいました。
 


ヘアーキャップは絶対だそうです。


女性だけかな?
髪の毛落ちないようにってやつですね。


わたしが行ったときは
若い旅行客が多くて、

EXILEのライブタオル持ってたりとか
ピチピチした女子大生っぽい人が多かったです。

これで混浴なんて、
たまりませんな。

f:id:yawarakawakadori:20160323235205j:image
トータルで入口からお風呂まで
けっこう歩きました。


お風呂の案内図
f:id:yawarakawakadori:20160323235141j:image
この親切な図があっても、

実際にはめっっちゃ迷いました。


女湯から滝湯っていけるのかな?的な。
もう迷路ですやん。


脱衣場も大混雑ではないけど
わいわいしてました。

③に続く。