読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別府を首都に

別府に移住しました。

芝居の湯

市役所の付近にある、
芝居の湯へ行きました。

f:id:yawarakawakadori:20160609132617j:image

駐車場いっぱいだったんで、
多目的ホールとかの利用者の駐車場(?)
らしきところへ停めました。

川のせせらぎ音が聞こえて、
なんとも風情ありましたよ。



入口でお金(270円)払って靴をぬいで、
てくてくといきますと

f:id:yawarakawakadori:20160609132846j:image
おー、
芝居の湯って感じがする階段

f:id:yawarakawakadori:20160609133011j:image
をくだって右側に
f:id:yawarakawakadori:20160609133203j:image
女湯があります。

間違い探しかというような2枚の写真ですが
なぜ同じアングルで2枚撮影したのか、
特に意味はないです。


そして中には5人くらいいたので、
写真はここで終わりです。

いつもはもっと人多いらしいです。



貴重品ロッカーもあるし、
ドライヤーもあるし、
脱衣場の普通のロッカーにも鍵がありました。

安心ですね。


なかは大きい湯船が1つ、
打たせ湯のあるぬるめの小さい風呂が1つ、
ありました。

どちらも内湯ですが、
お風呂場そのものが広くて
開放感がよかったですよ。

シャワーは5つあったかな?と。

…いや、6つだったかも。

ちょいと曖昧ですが、
わたしの行った時は混んでなかったです。


シャンプーインリンスと、
大きいせっけんがどーん!とありました。

ボディソープではなく、
せっけんという斬新さですね。


みなさんシャンプー類は持参されてたので、
備え付けせっけんを使っている人は
いませんでしたが。


シャワーの勢いもよく、
お風呂もちょうどよくて、
打たせ湯もちょうどよくて、

気持ちよかったです。


大きいお風呂で
ザブザブ歩いているおばちゃんがいて、
いい健康法だなぁと思いました。
(もちろん他の方の迷惑にならないように歩いておられましたよ)


お昼は茶屋とかもやってるそうですよ。


ほんのりうっすら硫黄系の、
いいお湯でした。