読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

別府を首都に

別府に移住しました。

いちのいで会館②

いちのいで会館にて。


f:id:yawarakawakadori:20160414092128j:image
階段登って入口。
おばあちゃん家来たみたいな雰囲気。
靴を脱ぎます。

f:id:yawarakawakadori:20160414092307j:image
この先左手がご飯どころです。

f:id:yawarakawakadori:20160417234554j:image
こんな感じです。
休憩所っぽい安らぐ雰囲気です。


たいていの人は、
先に温泉入ってからご飯食べるそうです。

逆だと消化に悪いですもんね。
でもわたしは
先に食べて後に温泉にしました。
特に意味はないです。



ごはん
f:id:yawarakawakadori:20160414092512j:image
団子汁定食(?)ですかね。

クチコミでは賛否両論でしたが、
わたしはこの

塩おにぎり

が、たいそう美味しかったです。
握り加減が最高。
超おいしい。

家でサランラップごしでおにぎりすると
どうしても水分を感じてしまいますが、

このおにぎりは素晴らしい米具合で。


昔、母親が手を真っ赤にして握ってくれた
お弁当を思い出しました。

握り加減、塩加減、素晴らしかったです。


他は全部普通の味ですかね。
ひじきとなますと唐揚げときんぴら等、
特筆すべきことはなく
普通のおいしいやつ。


団子汁は何気に初めてでしたが、

THE小麦粉といいますか
思ったより小麦粉感が強かったです。
ごっしりしてました。
テゴマス風に言うとみそスープ味でした。


窓側の席に座ったので、
桜と景色がとっても綺麗でしたよ。

お茶やお水はセルフでした。





腹ごしらえを終え、
温泉へ移動します。


裏口みたいなところから
備え付けのスリッパ(クロックス)をはいて、
階段をのぼり、
f:id:yawarakawakadori:20160417234206j:image

f:id:yawarakawakadori:20160417234316j:image
男湯と女湯の別れ道があります。
この日は女湯は右側。


f:id:yawarakawakadori:20160417234422j:image

のぼりますのぼります。


f:id:yawarakawakadori:20160417234454j:image
途中で振り替えるともう絶景。

そして、温泉にたどりつくのです。

続く。